読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋には男女数人が転がっていて、別になにをするでもなくダラダラしているの。

 

旅行サークルという名の飲みサーのコンパ。

雪山のログハウスに絨毯と枕と毛布。

そんなところ

 

マッシュルームヘアのショートカットで、薄い唇に細い目をした、全体的に線の細い女の子は、私の隣で距離感が近い。

 

折れそうな腕に手を伸ばすと、向こうも私の頬の線をなぞる。

 

別になんとなく、お互いの境界線を認識するように触り合う2人

 

唇が触れそうになる。でも、触れない。

そんな距離感がずっと続くわけもなく、ゆっくりと触れていく。

 

サクラの花弁のように薄く柔らかい唇は、無味だった。

 

私は首筋にキスを落とそうとする。それがいつもの私の楽しいことをする時の手順だからだ。

 

首に顔をうずめようとした、が、止まる私の動き。なぜなら、彼女の首にキスマークがあったからだ。

 

あなたは誰のもの?

 

私の止まった動きになんの動揺もなく、空っぽな瞳で見つめられ、私は朝に呼ばれて夢から醒める。

 

もう会えないあなたは、誰のもの?

お題「制服」

卒業してから、制服に縋り付く高校生ってちょっと滑稽で面白い。
4月1日から大学生だなんてエイプリルフールの嘘のようだし、むしろ私的には嘘であって欲しい。みんなもそうでしょ?

 

春に制服ディズニーをしているのはだいたい三年生、はたまたコスプレの大学生か。
現役の時には有り得なかったスカート丈を揺らしながらお揃いのパーカーでも着て、手には馬鹿みたいにでかい〇ッキーの手を装着して、頭には〇ッキーか〇ズワルドの帽子型を身につける。
はい。量産型〜。あるあるなやつ〜。

 

でも、あれをできるのはその時だけなんだろうと思う。

 

全身黒で統一してディズニーに行く女子グループはアトラクションより写真を撮ることが目的だし、突然の大阪遠征でUSJになんか行っちゃって、京都では着物に身を包み、男子は免許証取得ラッシュが始まる始末。
髪を奇抜な色に染めるメンバーはだいたい想像がつくし、ピアスは友達とあけるのが当たり前。

 

話は変わるけど、ブラウンカラーのバリエーションは多いのにどうしてああも皆一様に同じカラーのトレンチコートになるの?世界七不思議の一つだろ絶対。

 

プリクラというプリクラは制服に卒業証書(だいたいセット。ていうか、100%それ)
SNOWでさらに加工されたアイコンはもはや詐欺罪で訴えられたら負けるだろうね。ははは、優秀な弁護士でも雇いなさい

 

 

それでは最高のエイプリルフールをお過ごしください


この春よ永遠に。春服に身を包み、桜に夢や希望を託して

 

ただ、夏の始まりが近いことは覚えておいてね。春休みに打ち上げや新歓コンパで太った体重は自動的に戻らない。
「あれ?太った?」
なんて思った時には時すでにお寿司🍣

もう、半袖やタンクトップにキャミソールの時期はすぐそこにきてる。

制服を脱ぎ捨てても、JKブランドをゴミ箱に入れても、きっと私達は腐っても女。

 

 

春は短し愛せよ乙女