黒の日記

[Ctrl]+[Z]はdeleteKeyじゃない

「ハッピーエンドを前提として」生きてるけども

「ハッピーエンドを前提として」って言葉ほど重くて切なくて希望のありそうで無さそうな現実的な言葉を私は知らない

 

つまりは今が幸せだと思っていないわけで、ハッピーエンドを語るために美談になるような苦行を日常にして生きてる。進行形で生きてる。

でも、幻想を語ってないしとても現実的だと思うの。そこまで分かってるからこの言葉に希望を込めてるんだと思う。全人生賭けて、最後の最期にハッピーになる希望を込めてるからめちゃくちゃ思い想い重い。

あとたぶん、幸せな子達をちょっと馬鹿にしてる、はず

 

幸福度が高いのは不幸であることを自覚してないか、不幸であることを口に出せない統制国家かの2択だ

リーガル・ハイ

 

この言葉も言い換えれば幸せだと思ってる人を馬鹿にしてるんですよね。まぁ全人類みんな不幸だって叫んでる方が不幸か幸せか分からないですけど

もしも自分が不幸なら、世界中不幸な方が幸せだもんね。

 

幸せだって言える幻想主義者を下に見てる現実主義者、つまり私なんだけど、前向きでへこたれないくせに楽観主義者じゃない所、インスタだったら10000♡は下らないはず

 

たぶん私を傷付けられるのは私だけ(あと親友と家族)

 

まぁ何が言いたかったかっていうと、

ハッピーエンドを語るのは主人公じゃなくて読者だけれども、私とあなたで人生という名の物語りをハッピーエンドに。

 

                           愛でたし愛でたし

薔薇色の人生を前提として

暑い夏みたいな六月の土曜日

春、梅雨、夏っていう順当さはなくて夏、梅雨、夏みたいになってしまったのはきっと私のせい。もちろん、昨日のテロも今日、世界から戦争が消えないのも明日の世界滅亡も全部私のせい

逆を言えばショートケーキや指輪や香水がこの世にあるのは全部私のおかげ

 

ところでさ

人生なんて計画をたてるだけ無意味だよね

だってこの歳になってピンク色にハマるとは思ってなかったし、バレリーナのような格好で貴方と踊るのもいい加減飽きてきた。幼稚園のお遊戯会みたいな恋愛は吐き気がする、反吐がでる。

王子様なんてみんな捕まえて収容所へいれてしまえばいいよ

 

全ては私の思い通り

バレンタインデーを作ったように見せるのは本当に愛がないけど、市販品をラッピングして手作りと言って渡すのは愛がある。

 

アイス食べたいから、今日デートしてくるね

 

キンキンに冷えているちょっと氷で薄くなったアイスコーヒーを真冬に出されたら嫌でしょ?

私も、だから別れようよ

 

あったかいミルクたっぷりのココアを42.195km完走後に出すなんて頭おかしいでしょ?

 

私の人生、薔薇色なの。

あなたは何色?

色が混ざると汚れるからごめんなさい

 

え?俺のこと好きだった、って?

そういう不毛な質問をする所、好きだったよ。

 

じゃあまたね。あ、これは社交辞令で言っただけだから本気にしないでね

あなたに沢山の薔薇と祝福を

 

                                      おしまい

春へ 今年って春あった? 夏より

地球温暖化?異常気象?

それらは私たちのめちゃくちゃに忙しい日常とは比べられないほど深刻なんだろうけど、昨日の失恋に比べたらさほど気にもならないよね。

 

絶対連絡を取っちゃいけない相手に連絡をして自分に絶望して相手に幻滅したり、全然好きでもない男の子と恋人ごっこのようなことをしたりと、私はもしかしたら何かが狂ってるのかもしれない。

 

もう絶対人を好きにならないと、高1の時に思ったなと思い出したのは大学1年の春に「もう絶対人を好きにならない」と思った時だったし、まぁたぶん人生は何度か狂うらしい。

 

あと、これが大恋愛じゃないよねって昨日JKと話したからわりと充分。

元カノ忘れられない症候群だった元カレの話でけっこう笑えなかったよねって、きつかったよねって笑いながら言いあえたしもう充分。

 

頑張ったね。お疲れ様。

もう何も言われなくて大丈夫。

もうなにも言わなくて大丈夫。

大丈夫じゃない時でも大丈夫って言ってあげるから大丈夫。

 

既読無視は全て論破と見なします

 

                                    おわり

春と恋と女の子で物語は始まる

女の子が落ち込んでいる時の占いなんてきっと気休めで、よっぽどショートケーキを食べた方が元気になるんじゃない?

 

少し咲いた花と神社と微妙な結果のおみくじできっとちょっと強くなれた。

 

新宿の混沌具合も高いビルに囲まれた神社も、きっとあるべき場所にあるし、私もきっと職場も学舎も恋愛も居るべき場所に落ち着くの。

 

甘いものが食べたいのは春だから

フワフワのパンケーキ?苺のショートケーキ?チョコレートのパフェ?

ふふ。似合うよね。だって私たち女の子だから

 

愛してるよ。春だもん。恋してるよ。春だもん。

 

今の可愛い私は今だけだから皆に可愛いがられても仕方ないよね。

 

男の子にまたねって平気で嘘つくよ。

次のデートがあると思わないでね

 

私の恋愛運は男運とは別物

 

 

またね

事後の日記

いつも書いてしまうのは事後の日記。もちろん特別な時だけだけど

その時の気持ちや性行為の仕方に彼のやり方を書く。たまに好きだった体位や初めてされたことを書く。そんな最低な日記。私の携帯のメモ帳か誰もいないグループチャットで投げ出される長い自己満足的な文章達。

 

今回はまったく体の相性が合わない(と私は思っている)彼の話をしようと思う。

※SEXの詳細は本当に相性が悪いので省かせてもらう。

 

「浮気したら絶対別れるからね」
浮気されても注意してくれないくせにそんなこと言う?

ショックを受けるとか、悲しいとか言われたら絶対してたのになぁ。

私にベストアンサーじゃない?

 

LINEもTwitterも手帳も写真も全て監視してくれないと難しいんだけどなぁ。

 

いいよ。好きだから。今だけは、なんでも許してあげる

だから、なんでも許してね。

きっと通用しないけど、なんでも許してね。

 

私たち、身体の相性が最悪だからきっと別れるんだろうね

 

いつも無傷でいたいんだ。

 

でも、これが私だから許してね。

 

身体中に落とされたキスと首元のキスマーク、彼の香りと煙草の煙を家のシャワーで落とすの。

 

次の方、どうぞ私を召し上がれ。

 

あんなにキスをされたことはないよ。

好きだと囁かれたこともないよ。

 

でも、あんなに悲しいSEXもないよ。

 

さようなら私。

なんだか自分のお葬式に出ている気分なのは、彼の優しいSEXを知ってしまったから?

 

こんな胸糞悪い日記を書くことになるとも思ってなかったし、身体の相性が最悪なのに最低で最高な記憶として残るなんて思ってなかったよ。

 

                                    ありがとう

 

 

好きだよ。今だけは

 

 

 

生徒Y

合わない生徒がいる。

問題児だ、と聞いていた。引き継ぎ書は信じられないくらい長文だったので、覚悟はしていた。

合わないなら、合うまでちょうどいい距離感を模索すればいいと思って、私は少し距離を置いて接していた。そこに"フレンドリーで笑顔な怒らない優しい先生"は居なかったと思う。

マニュアル通りに予習はしたし、たぶん、ただの普通の先生。まぁ、性格上、明るくて面白いから、それは素で出てはいるけれど

『お客様を楽しませるエンターテインメント』

は、やってなかった。

 

 

でも、今日私の授業五分前にその子が

『先生…分からない所があるの……』

と、か細い声で言ってきた。

少しなら見れるよ、と言うと、

70点の算数のテストを見せてきた。

六年生でなら、まずまずな点数かな?と思い、とりあえず間違えた問題を確認していく。

後ろから声がかかる。

「まぁまぁな点数だな。でも、ただの計算問題でミスってるようだから、お前はバカなんだよ」

このベテランで年配の先生の口調はいつもこうで、生徒も反抗心や褒められたい一心で成績が上がっているのでこの口調は良しとして欲しい。

 

まぁ、鞭が利くのは飴があるからだろう。

 

問題のあるその生徒Yは、お弁当を食べていても、喋りかけてもらえないし、私の授業中に別の先生が来ても、その子は話しかけてはもらえない。

先生達も、困るんだ。話しかけることも話しかける内容も、悩んでいるんだろう。

その子は、解説を聞きたがらず、反抗的で慢心的であったからだろう。

「教え方が下手〜」「解説ばっかりでつまんなぁ〜い」と、彼女に言われたことがある私が言うのだ。

 

そして話は戻る

「まぁまぁな点数だな。でも、ただの計算問題でミスってるようだから、お前はバカなんだよ」

そう言われたその子は凄く困ったように笑っている。

1問教えると、五分経ってしまった。私の授業が始まる。

ごめんね、とその旨を伝え、別の先生を呼ぼうか?と聞くと、大丈夫、と言った。

先ほどの少し口の悪い先生も、別の先生呼んで教われよ。迷惑だろうが。と彼女に声をかけていたが、彼女の後ろ姿は自習室に消えていった。

 

その後、私も授業を終え、ふと気になって自習室に向かった。

「もう教わった?」

と聞くと、まだだと言うから、じゃあ向こうで教えるよと声をかけ、問題の続きを解き始めた。

解き出して数問、時間にして数十分、

彼女の電話が鳴る。コール音ではない。メールかなにかだろう。

お母さんから、まだ帰らないの?とメッセージがきたそうだ。

「もう1問だけ」

と言って解き出す生徒Y。

ものの数分で解き終わると

「先生は明日は来ないの?」

と言ってきた。今日は木曜日だ。

私は金曜日に授業が入っていないが、既にこの子に優しく楽しい先生として教えてあげたいと思いだしていたので、来るよ。と伝えた。

その子は、3時半に来れる!と元気よく言う。可愛げが無いなんて嘘じゃないか、と教員室でのやりとりを思い出した。

早すぎるなぁ〜。夕方頃なら来られるよ。

そう伝えると「ちゃんと働いてるの?」と言ってきた。たぶん、そういう所だよ。また、教員室での会話を思い出しながらも、明日もう少し早めに来ようと思った。

 

 

1人味方がいればいい。

1人最高な先生に出会えればいい。

 私がなれるだろうか。

全先生から、煙たがられ、私に回ってきたあの子に、私がチャンスをあげられるだろうか。

もっと上手く生きる道を教えてあげられるだろうか。

 

これだけは言える。

依怙贔屓をしない先生なんて、エゴだ。

顔が好きすぎる

でもきっと付き合えない。

あなたは遊びたがりで、私は愛されたがりだから。

付き合わないなんて言わない。付き合えないの。

 

きっと私の手に負えない

 

もしも付き合うことになったら喜んで飛びつくだろうけど傷付いて捨てられるのはきっと私。目に見える姿。

 

あぁ、それでも私は泣かないんだろうなぁ…

 

他の彼等と遊んでいることを隠して一途を装うのか、遊んだことをあなたみたいに言って惑わせてみるのか。

 

なにが正解か分からないことだけ分かってる。

 

それを伝えることによって、惑わせるだけじゃなく、傷付けているということを知っているだろうか。

 

そして彼は私にそれをわざとしているということを。わざとする意味は?惑わせる??傷付けてもいい程度の存在だからじゃないの?

 

そして、さほど傷付いていない自分にも吐き気がする。

私、本当に顔だけしか見てないのね。

多少は傷付いたけど、あなたの思ってるほど深傷を負わせられてないわ。残念すぎるくらいにかすり傷。

 

ねぇ?私が知りたかったのはあなたの服の下だけよ??

 

 

ただ、なんの後悔もしてない。

お願いだから、その口を開いて付き合おうだなんて軽々しくも重々しくも言わないでちょうだい。

                                  おしまい