黒の日記

[Ctrl]+[Z]はdeleteKeyじゃない

キャロライン・ウォルターの墓の謎の花束

世界の不思議な話に‘ キャロライン・ウォルターの墓の謎の花束’というものがあってね

 

 

内容はこう。

1867年、ドイツのフライベルクという都市である悲劇が起きた。キャロライン・ウォルターという16歳の若き女性が亡くなったのだ。彼女の姉はこの事にひどく心を痛め、彫刻家にお願いをして、彼女がベッドに横たわる姿そっくりに象った墓を作ってもらったそうだ。ここからが少しぞっとする話なのだが、それから148年間、彼女の姿をかたどった彫刻の腕の中には定期的に同じ花束が添えられているという。数年でもなく数十年でもない、148年だ。

 

というものなんだけども、彼女はもしかして人でない者と恋に落ちたのかしら?

 

私も148年愛されてみたい

 

君は無理だよって言うだろうけど、私はできるんだよ。100年たっても1000年たっても残るものってなんだと思う?ってロミオとジュリエットを題材にした本で論じられてた。何も残らないんだって。私たちのいた記憶も存在も、何も残らないんだって。

 

逆にロマンチックじゃない?

今の人生、私達の思い出にしかならないの。

いい?148年くらい、私は愛せるの。

 

でも、どうなのかしらね。

まぁ私は今酔っているから、分からない。

お酒に、酔っているのですがね。

 

ごめんね。愛されすぎて

 

 

               Happy end……now loading

振袖事変

都会の夜を花束を持って駆け抜けるのは心地良い

 

花束は、最高に綺麗な私を、真っ赤な服に黒いコートを羽織った私を、輝かせてくれる

 

クロエラみたいな格好だったけど格好良いし仕方ない

昔からとらわれの姫とか、儚い妃より夜の似合う魔女の方が気楽で性に合っている。

f:id:kingofmana103:20190116101807j:image

赤い花を選んだのは私らしいと思ったから

 

二度と会わないかもしれない人たちを尻目に、本日の主役は私が務めさせていただきました。

 

世界一紅と朱と赤が似合うのはこの私

 

今度はもっと凱旋パレードのように貴方を攫いに迎えに行くね

 

私の良さはあなただけが知っていればいいけど、世界中から賞賛されて祝福されていたいのはもしかして我儘?

 

私の世界一の称号をあげるから許して

 

おめでとう私たち

 

あと6、70年一緒に苦楽を共にしましょう

さぁさ、曲を指揮るのは貴方?私?

轡を握るのは君?僕?

王座に着くのは誰?

 

2人だけの世界に私の愛する友達と家族を入れて完結させましょう

 

愛してる20歳

振袖が世界一似合うのよ

でも、結婚したら着れないのよね。うふふ

 

               Happy end……now loading

 

 

 

2018なんて中途半端でキリがいい

こんにちは

恋に狂ってる未来の私から過去の恋に狂いたかった私へのメッセージです

 

年の瀬、師走、年末、終日etc.…色々な言い方をするけどもう結局今年は終わりなわけで酸いも甘いもごった返しの地獄と天国の宴もたけなわ。忘年会に参加したって今年最悪の災厄は忘れられないし、なにをどうしたって今年1番の幸せには敵わない。

 

まぁ、私はお酒なんか使わずとも飛べるしハイになれるしそんなにコスパが悪いことは好きじゃないけれども

 

結婚を意識したり、初恋だと思ったり、友達に会わせたい恋人や友達の恋人に会いたいと思うのは最初で最後のドーパミン出まくりのドーピングしまくりのイカサマありきのカジノよりスリリングな恋は本当にこれっきりにして欲しい。

 

優先順位が高すぎて心底他がどうでもよくなってくる。

 

振られた側の「愛してるって言ったじゃん」とか「悪いところ直すから」の台詞が大っ嫌い。

 

さぁさ皆さんお集まりください。喧嘩も言い値で買いましょう。最強の盾と矛、どっちが勝つかなんて買ってからのお楽しみ

 

今年も死なない程度のかすり傷と致命傷を避けて、数多の戦場を経験して大人になりましたね。もうなにも言わなくても友達や恋人、家族には愛が伝わるけどちゃんと声に出して伝えましょう。ありがとうって。来年もよろしくお願いしますって。きっともう2018の世界が終わるけど私達は平等に来年に連れていかれるし一緒に新年を迎えましょうよ。SNSに収まらないくらい沢山遊んだし、写真を撮らなかった食事や風景が心にあって、また来年もみんなで馬鹿みたいに楽しく騒いで生きます。

これからもよろしくお願いします。

今年もお世話になりました。

親愛なる皆様へ

愛を込めて

ありがとう

 

また来年会いましょう

 

 

                 Happy end…now loading

灰色の色付かない冬を春にして欲しかった

陰性の機械をゴミ箱に捨てて、特に意味のない時間に首を傾げる。

 

「はて?わたくしは今しがたなにをしておりましたの?」

 

公爵令嬢顔負けのとぼけ顔

 

猫の死因は好奇心だけど、人間の死因は絶望とか次への希望だったりするから平等じゃない

 

 

話はベットに遡り、今日あるはずの仕事に遅刻しそうになる夢を見て、明け方1人でふと目を覚ます。隣には暖かいあなた。

その瞬間、夜が明けなければいいと思った。災害でも天変地異でもなんでもいいから今すぐこの時間の延命治療をしてくれ

そのためならば国家転覆さえいとわない。

 

起こしてしまわないように抱きしめる。夢か現実か確かめるために肌に触れる。

もう今となってはなにが本当だったのか分からないし時計でも見ておけばよかった。

 

ありがとうっていってくれるのは、私だからできっとほかの女の子になら言ってないんでしょ?って自信が溢れてくるのは君じゃない。

 

きっと

『世界で1番綺麗なのはあなたです』

と言ってるのは一瞬で、そのうちどこぞの白雪姫に心を奪われてしまうのでしょう?

 

そんなこと

 

ケーキとパフェを食べて心を満たす。スポンジみたいに愛を吸収して、スポンジみたいにすぐ絞れる。お風呂に浮かせて沈めておくれ

 

貴方の器が試される最大の試練

 

そして試しても許されるかは私の可愛さ次第

 

これが初恋だと悪役令嬢の親友に言われた。別に私はヒロインではないけれど、まぁまず間違いなくこれが初恋だと思うと伝えた。

 

大恋愛が大嫌いなあなたの『自由な君が好きだよ』っていう呪いのセリフの通りに生きてたら自由すぎる君が嫌いだと言われて、私はなんのために羽を休めず虚勢を張り続けてきたのか分からない。

 

とっとと花にでも木にでも止まりたかったわよ。

 

あなたにとまったら、自由じゃない私になってしまうでしょう?

海を越えても飛び続けるよ。あなたの台詞なら、私はそうする

 

 

             Happy end…now loadddd?,!#?@7

 

loading miss

 

 

Happy wedding

恋は盲目だけど、渋谷をウェディングドレスで駆けた女のことを忘れることはないでしょう

 

師走の第2週はクリスマスパーティーなんて誰が決めたのか分からない

 

主役は私で間違いないし、自信の無い人は是非ともウェディングドレスに身を包み都会の夜を颯爽と駆ければいい。

もう今後プレゼンに緊張はしないし人の目は二度と気にならないから

 

f:id:kingofmana103:20181210092525j:image

 

全員が私の式場に駆けつけて、みんなが一律私のパーティーに出席するためのお金を払っているようで滑稽。下卑た笑みを隠すために白いベールで顔を隠して汚れた手をレースの手袋に包み、マリアの証明をするために純白のドレスを纏うのね。参列者の方々と写真を撮り、パーティーでかわいい綺麗と、もてはやされて、あと足りないのは白馬の王子様ただ1人

 

別に白馬でなくたって王子様でなくたっていい

 

君が迎えに来てくれれば私は姫にも女王にも魔王にもなれる。

 

だから、王座は貴方のもの

 

来年の予定も華束も美味しい食事もありがとう

この日が完璧になったのは貴方のおかげ

 

慣れないことしてお迎えに来て、花を渡してくれてありがとう

 

一生の思い出になればいいと思っていたけどこれはもう全員が忘れられないでしょうね

 

みんなの思い出の中で永遠に綺麗なら、私は笑ってガラスの靴を置いていける

 

冷めやらぬ興奮を昨日に置いてさぁさ現実に戻りましょう

 

きっとまた夢を見させてくれるのは私を王座の隣に就かせてくれる貴方だけ

 

早く迎えにおいでなさい

私が純白であるうちに

 

私の全てをもってして、あなたの邪魔になる者を排除し、私の愛をもってして、あなたの欲しいその全てを与えます

 

私は姫にも女王にも魔王にもなれるから、君の望む私でいよう

 

可愛い姫は短剣を裾に入れ王子の胸に守られて、女王はその王座の下に沢山の犠牲を強いて民にケーキを配り歩き、魔王はプレゼントに世界の半分をラッピングして気持ちばかりと渡すけど

 

 

これからもよろしくお願いしますね

私だけの王子様

 

                  

               Happy end……now loading

 

無題

私は余裕、時間も足りる。何食わぬ顔で無理難題をこなせるし、恋人を寂しがらせるほどにいい女であるし、人の悪口も悪魔のように語れるし天使のような表情で愛らしくも笑える。

 

君が代を聞いてやる気は出ないし、鎮魂歌を歌って神を怒らせることも出来ず、流行りの歌は街中の雑音に掻き消される

 

 

私の一筋の涙はダイヤモンドのようで、希少価値のせいか1粒しか溢れない。

 

なんで生きてるって死にたくないから

 

神は私の心の中で独り占めができる

 

運命ならばあなたを受け入れましょう。素晴らしい魔法で君の本音を聞き分けよう。コンタクトレンズの度数を上げて心の中を覗きましょう。

 

でも、一つだけ嘘をついてる。

時間は足りない。親友に会えない。課題は終わらない。恋人に愛たい。私は孤独になりたくて1人でホットコーヒーを飲むけど、きっとそれを端末は許してくれないし、世界との繋がりを断つなんて大音量で覚えていない流行りの曲を流して大都会を1人で歩いたって出来やしない。通り過ぎる人々の幸せを私は知らないし、私の尋常ではない悲しみや慈しみ、哀しみの気持ちを知ることはないのでしょう。

気持ちを分け合えることができなくてよかったけど、それがすこし悲しくも思える、そんな夜を愛しても誰にも文句を言わせない強さを持っていて、私はとても疲れている。

 

さっきから予測変換が彼の名前を表示して、私の思考力を鈍らせる

 

キスも、愛も、君も似合うけど私は赤が似合うみたい

 

響く金属音のアクセサリーを外して、音楽のボリュームを上げて、毛布にくるまって朝を待とう

 

お疲れ様私

いつも頑張っているから、たまには自分をやめてもいいの

もうなにもしなくてもいいし逆に何をしたっていい。

 

                Happy end……now loading

 

 

遅刻魔というかここまでくると遅刻魔王

血筋的にわりと遅刻するんだけどそんな家族の中でダントツに遅刻する従兄弟の話をしよう

 

いや、違うな

 

この前受験のエントリーシートやら読書感想文やらを全て私が肩代わりしてやっているときに4ヶ月記念日という変な区切りで6時間くらい電話していた従兄弟と従兄弟の彼女のお話

 

ちなみに昨日も夜中の2時まで電話してたらしい。遅刻連続回数数十回目という1度も間に合ったことの無い男の話。

 

「俺はね、さすがにやばいと思って9時、9時半、10時ってアラームをかけたわけよ」

 

「で、9時半のアラームを一発でガバッと起きたわけよ。」

 

「いや9時のアラームで起きろよ」

 

私のツッコミが聞こえないのか話は進む

 

「12時半に起きて、すぐ謝ったのね。40分過ぎくらいに」

 

「空白の10分間」

 

「で、結局2時にまた約束して」

 

もうなんで次2時なんだろ。すぐ家出ればいいのに

 

ホットケーキミックスを見つけてたまにはこんな朝ごはんもいいなぁーって思って」

 

(あぁこれはもう2時も間に合わないな…)

 

結局オチはないまま毎度遅刻するからスタバを奢っているという世界一どうでもいい話を聞かされた。もちろん2時には間に合わなかったらしい

 

 

となりで母と弟が無言でじゃんけんをし出した。

 

「世界一静かなじゃんけんしてんじゃねぇよ!」

 

なぜ従兄弟がツッコミを入れたのかも親子の世界一静かなじゃんけんも理解が出来ないまま会話が終わる

 

 

ちなみにおばあちゃん世代は7時に約束をすると何故か6時にはつく。

私はたぶん約束の時間に家を出る。

弟は間に合わないと休む。

母は最初から遅刻する旨を伝えている。

 

 

みんな24時間なんて嘘だ。

 

 

エンディングにはまだ早いし、スタンディング・オベーションには間に合わない。

              

                     Happy end……now loading