読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋には男女数人が転がっていて、別になにをするでもなくダラダラしているの。

 

旅行サークルという名の飲みサーのコンパ。

雪山のログハウスに絨毯と枕と毛布。

そんなところ

 

マッシュルームヘアのショートカットで、薄い唇に細い目をした、全体的に線の細い女の子は、私の隣で距離感が近い。

 

折れそうな腕に手を伸ばすと、向こうも私の頬の線をなぞる。

 

別になんとなく、お互いの境界線を認識するように触り合う2人

 

唇が触れそうになる。でも、触れない。

そんな距離感がずっと続くわけもなく、ゆっくりと触れていく。

 

サクラの花弁のように薄く柔らかい唇は、無味だった。

 

私は首筋にキスを落とそうとする。それがいつもの私の楽しいことをする時の手順だからだ。

 

首に顔をうずめようとした、が、止まる私の動き。なぜなら、彼女の首にキスマークがあったからだ。

 

あなたは誰のもの?

 

私の止まった動きになんの動揺もなく、空っぽな瞳で見つめられ、私は朝に呼ばれて夢から醒める。

 

もう会えないあなたは、誰のもの?